ひとりごと。

世界の片隅で担当さんへの愛を呟くためのブログ。

スクアッド期間中に起こったこと

半日で5年分くらい泣いたかなぁ。

こんなに泣くの久しぶりだよ。
前回大泣きしたのは2016年11月11日。
あの時も噂は聞いていたんだ。
札幌で宇宙Sixお披露目された時。
They武道が無くなっちゃった、って泣いた。
でも宇宙もなんとか応援して行けるかな?って思えたのは形は変わっても3人がいたから。
ずーっと一緒にいるのは無理だったのかな。
あの時、分かれて仕事をしてから微妙に向いている方向の違いが見えてきたような気がする。
あれが無かったら続ける事を選んでくれたのかな?
今となってはもう分からない。
宇宙になってからもユニの話は殆どしなくて、去年のクリエが終わってからやっとぜいたくで触れて。

「これからも宇宙Sixは頑張って行くと思うので応援して下さい」

スクショ残ってなかったからニュアンスだけど。
今思えば所属してるユニットの事なのになんかよそよそしくて。
この頃には自分の中では決めていたのかな?
それとも宇宙として付いたツアーで、長期拘束されると個人仕事しにくいって思ってしまったのかな?
なんでこのタイミングで!っておもうけど、ずっと考えていて下した決断が今なんだろうね。
でも舞台期間中の発表は無しだよ。
出てる舞台はジャニオタしかいない所じゃないんだからさ。
発表された直後過ぎて開演前も劇場入口は泣いてる人いっぱいいたし、公演中もみんな泣いてるし、幸大の挨拶でトドメ刺されるし。
劇団のファンの方には申し訳なかったな。
そして出演者の方もあんな空気感の中でやる事になってしまったのは本当に申し訳ない。
(あの回だけ出とちりとか多かったのはそのせいだと思ってる)
清水さんが色々考えてくれた舞台、せめて一緒に立ってから飛び立つって選択肢は無かったのか。
ワークショップとか色々やらせてくれてさぁ。
預けるって決断した事務所も凄いけど、それを受け入れてくれた30-DELUXには感謝しかない。
成長できるようにって用意してくれた場所を使わないなんてもったいないよ。

幸大にも言われてしまったし、嫌いになれるわけないからこの先も(多分)(ゆるっと)応援はする(はず)。
でも前向きに受け止めきれるまでは無理だから少し時間かかるかな。
前向きになれるまで頑張っててよ。

…あなたの進む先に笑顔がありますように。